沖縄旅行にレンタカー!お得に借りれるシーズンとは?

沖縄旅行でレンタカーを借りてドライブがてらに観光をしたい!レンタカーが借りれるシーズンとは? - 沖縄の平和へのみちのりとを学ぶドライブコース

沖縄の平和へのみちのりとを学ぶドライブコース

沖縄は第二次世界大戦のときに激しい戦場となりました。もう二度と悲しい戦争を犯さないためにも戦争の遺跡を巡り、平和への思いをもう一度見つめなおしてみませんか。

ますは那覇空港でレンタカーを借りよう

レンタカー案内所は空港と茶区ロビーの1回にあります。そこで各レンタカー会社のシャトルバスに乗り込み予約をした車をピックアップしにいきます。

旧海軍司令部壕

那覇空港を出たら国道332号線から県道7号線に入ります。大体15分ほどで旧海軍司令部壕に到着します。ここは戦争当時日本海軍の司令部が置かれていました。昭和19年に設立され、現在は全長450メートルのうち300メートルほどが公開されています。司令官室や医務室などを見学できます。戦争末期にはここでたくさんの将兵そして民間人が命を落としました。戦争の恐ろしさを肌で感じることが出来ます。

平和祈念公園

県道7号線から国道331号線を進むと平和記念公園にたどり着きます。第二次世界大戦の末期平和記念公園がある糸満市は沖縄の中でも屈指の激戦区でした。毎年6月23日にはここで総理大臣も出席して「沖縄全戦没者追悼式」が行われます。

ひめゆりの塔・ひめゆり祈念資料館

国道331号線を進むと平和祈念公園から10分弱でひめゆりの塔・ひめゆり祈念資料館に到着します。戦争の終末期に看護要因として沖縄の陸軍病院に配属された女学生とその教師136名がこの地で命を落としました。その悲惨な歴史を忘れないためにこのひめゆりの塔が建立されたのです。

まとめ

スポットからスポットを巡る途中でも沖縄の絶景を楽しむことも可能です。しかし美しい自然だけが沖縄の本質ではありません。悲しい歴史にも目を背けずに理解することで、本当の沖縄を知ることが出来るのではないかと思います。

関連する記事